デイサービスを経営する夢を叶える方法を伝授

アジアでの事業進出の知識

インドネシアで会社設立を行う際は支援業者を利用すること、そして現地の人に会社に入ってもらうことが重要であることを知っておきましょう。その二点に気をつけて会社設立を行えば、世界第4位の人口大国であるインドネシアで上手く事業を展開できます。

独自サービスを提供する

車椅子

スタッフの育成が大切

高齢化社会において、デイサービスの必要性はかなり高まっています。だからといって安易に開業・経営できるわけではありません。介護業界において、深刻な人手不足や空き待ちとなっているのは、特別養護老人ホームのような完全介護型のところであり、日中のみのデイサービスはすでに激戦業界なのです。その中で、法改正で介護報酬が実質的に減ってしまったり、要介護認定の変更などで経営はますます大変になっています。そこで長く経営していくためには、他のデイサービスにはない独自のサービスを組み込んだり、スタッフの育成に力を入れていく必要があります。特にスタッフの育成は重要で、経験のみに頼る施設経営では、利用者の満足度があげられない現状があります。経験豊かなスタッフと、新しく雇用するスタッフが上手く連携を取り、日々サービス向上に努める環境を作れることが、デイサービス運営の大きなカギとなるのです。スタッフの充実は、サービスの向上につながり、それが利用者の継続や新規利用者の確保となります。サービス業において、利用者の確保は安定した経営の基盤となるためにとても重要なことなのです。デイサービスの数が増え、激戦であることは事実ですが、高齢者が増えていく世の中では、まだ成長事業であることは確かです。いかに他のデイサービスとの違いを生み出せるかが今後ますます重要になっていくでしょう。ときには、経営についてのアドバイスを、専門業者にサポートしてもらうなどの工夫も必要でしょう。

タブレット

情報端末を使った経営

レジアプリの需要は近年高まってきています。その為高機能のアプリや最適化された周辺機器が多く発売されています。最低、スマホかタブレットがあれば運用をすることができます。周辺機器を自前で用意するのが面倒な場合などは、セット販売をしている業者に頼むのが一番です。

歯科

医院の増患を図る作業

内覧会を開催する際には、専門業者に依頼しましょう。業者に任せれば、チラシやポスターを作成して告知してくれるので、広く人を集めることができるでしょう。歯科医院の新規開業だけでなく、集客を目的として内覧会を行っても効果的です。